斎藤禎
とある日曜日の昼下がり、本を読んでいるつもりがいつの間にか微睡んでいました。目覚めると、三匹の犬たちが足許で寝息を立てています。安らかな光景に、なぜか江藤淳氏との対話を思い出していました。
「授業で学生に、『国家の責務とは何か』と聞いたら、誰も答えない。『国民の生命と財産を守ることだよ』といったら、『なんだそんなことか』という顔をする。これこそが国家の基本なのにね。」