公益財団法人 国家基本問題研究所
http://jinf.jp/

提言

        平成24年10月2日     野田首相は慰安婦問題で正しい対外発信をせよ     国家基本問題研究所      9月23日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに、慰安婦問題に触れた野田佳彦首相のインタビュー記事が載った。  その内容は、同問題に関する国際的誤解を解き日本の名誉を回復するどころか、逆に誤解を拡大し日本の名誉を一層傷つける由...

続きを読む
2012.09.19 (水)

平成24年9月19日(水)、日本経済新聞、産経新聞  に意見広告を掲載しました。       ↑画像をクリックすると大きくなります。...

続きを読む

        平成24年3月23日       日本が主導的立場に立って、国益に即した国際ルールを    環太平洋連携構想(TPP)参加は、現在の日本社会の閉塞感を打ち破り、日本経済の再生を図る好機である。これまでの日本は国際社会のルールをひたすら受け入れてきた。今回、TPPで初めて国際ルールづくりを主導することができる。  日本の交渉への参加表明が、カナダ、メキシコ、フィリ...

続きを読む

 平成24年3月21日(水)、産経新聞(東日本)、北海道新聞        3月22日(木)、西日本新聞        3月23日 産経新聞(西日本)、日本経済新聞、ジャパン・タイムズ  に意見広告を掲載しました。       ↑画像をクリックすると大きくなります。...

続きを読む

平成23年11月14日 選ぶべき道は脱原発ではない 国家基本問題研究所  東日本大震災は、戦後復興、石油危機以来、電力その他のエネルギーの安定供給がひとたび途切れれば、計り知れないほどの経済的損失と日常生活の混乱を招くことを再認識させた。世論は、感情的な視点からの脱原発に傾きつつあり、今後大幅な見直しが必至のエネルギー政策に大きな影響を与えかねない。  東京電力の福島第一原子力発電所事故は...

続きを読む