公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

国基研 講演会

2012.02.20 (月) 印刷する

どうすべきか 金正恩の北朝鮮詳報

 国家基本問題研究所は平成24年1月31日、東京・永田町の星陵会館で月例研究会「どうすべきか 金正恩の北朝鮮」を開きました。独裁者金正日の死去による金正恩体制の発足を受けて、専門家が北朝鮮情勢を論じました。パネリストは、元朝鮮労働党統一戦線事業部幹部の張哲賢(チャンチョルヒョン)氏、元駐日韓国公使の洪熒(ホンヒョン)桜美林大学客員教授(国基研客員研究員)、西岡力企画委員が務め、櫻井よしこ理事長が取り仕切りました。研究会には373人(会員297人、一般44人、国会議員4人、議員秘書5人、都議会議員1人、報道関係者4人、役員8人、スタッフ10人)が参加しました。

 

全文はこちらよりダウンロード下さい。