公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

国基研 講演会

  • HOME
  • 講演会・月例研究会 開催情報

講演会 開催予定



mtg

日韓関係
【開催日】  2019-09-04
【場 所】  都内 霞ヶ関駅から徒歩5分圏内を予定(参加券に会場詳細を記載)
【登壇者】  櫻井よしこ 理事長
鄭大均 理事・首都大学東京名誉教授
西岡力 企画委員兼研究員 他
【» 詳細/お申込みはこちら】




講演会・詳報/お知らせ


月例研究会/平成31年4月24日/東京・内幸町 イイノホール  新天皇の即位にともない「令和」という時代が始まった。安倍首相は、談話を発表し、「令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味がこめられている」と寿いだ。が、ふり返ってみれば、平成時代にわれわれは一体何をしただろうか。  懸案の改憲など思いもよらないことだったし、北朝鮮拉致被害者の帰国もままならなかった。...

続きを読む

 4月24日(水)、国家基本問題研究所は、定例の月例研究会を東京・内幸町のイイノホールで実施しました。  今回のテーマは「令和という時代~日本が歩むべき道~」です。  わが国は平成の時代を経て、いま令和の時代を迎えます。このテーマ設定は、御代代わりも近付いたいま、来るべき令和の時代を見通すうえで、これまでの時代を総括し一旦区切りをつける意味もあります。  パネリストは、中山恭子参議院議員を迎...

続きを読む

月例研究会/平成31年2月28日/東京・内幸町 イイノホール 東電福島第一原発の事故以来、核をめぐる時計は止まったままだ。 原発の再稼動はむずかしい状態にあり、高速炉「もんじゅ」は廃炉となった。 だからといって、闇雲に原発を稼動させよと国基研は主張しているわけではない。 このままでは、世界に誇る原子力技術も技術者も消えてしまうといっているのだ。 今回の研究会で、萩生田自民党幹事長...

続きを読む

 2月28日(木)、国家基本問題研究所は、定例の月例研究会を東京・内幸町のイイノホールで実施しました。  今回のテーマは「ついに原発の技術を失う日本~日立問題に学ぶ~」です。わが国にとってきわめて重要なのに、あまり人気のないテーマ設定で、その上、当日は冷たい雨にたたられたにもかかわらず、想像以上に多くの方々にご参加いただきました。  登壇者には、萩生田光一自民党幹事長代行、原子力問題のエキスパ...

続きを読む

会員の集い/平成30年11月23日/ホテルニューオータニ 鶴の間 習近平国家主席は、2049年の建国100周年の暁には、中国は軍事的にも世界一になると断言。となれば、米中の摩擦は、経済だけにとどまるものではない。四海波高し。米中「新冷戦時代」に、さて、わが国はどう対処すべきか。田久保副理事長は、「護憲は戦争を望む人」のことであり、「改憲は戦争を防ぐ人」を指すと、「国基研会員の集い」で述べ...

続きを読む