公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

国基研 日本研究賞

  • HOME
  • 国基研 日本研究賞
寺田真理記念 日本研究賞

「国基研 日本研究賞」創設の趣旨

 私たちは日本国の基本をゆるぎなく立て直し、本来の日本らしい姿を取り戻したいとの思いで2007年に国家基本問題研究所を創立した。日本独自の価値観を守りつつも、広く世界に視野を広げ、国際社会のよき一員でありたい。そのために、憲法、安全保障、教育など、日本が直面する国家的課題に果敢に取り組み、日本再生に貢献したいという切望が、私たちの原動力だった。
 志を実現するには国際社会の日本理解を深め、諸国との相互尊重を確立することが欠かせない。だが、現実は私たちの願いから程遠く、多くの点で日本は誤解されている。とりわけ歴史問題に関する誤解は根深く、その誤解の壁は現在も私たちの前に立ちはだかる。日本と価値観を同じくする西側諸国でさえも、必ずしも、例外ではない。
 誤解を解くのに一番よいのは、外国の人々に日本を知ってもらうことであり、なんとか日本研究の人材を育てたいと考えていたときに、寺田真理氏より御厚志をいただいた。志を同じくする氏の思いも反映して創設したのが日本研究賞である。
 同賞に托す私たちの願いは、日本の姿、歴史、文化、文明、政治、戦争、価値観のすべてを、二十一世紀を担う国際社会の研究者に極めてもらうことだ。日本研究賞が自由かつ誠実な日本研究を進める一助となれば、それは私たちにとっての大いなる喜びである。  成功も失敗も含めて日本のありのままを研究してもらえれば、そこから生まれる評価は肯定的否定的とを問わず、自ずと偏見の壁を打ち破るはずだ。学問的誠実さに裏づけられた研究は、その全てが私たちにとっても貴重な学びとなるはずだ。
 「国基研 日本研究賞」によって、日本の真の友人が国際社会にふえていくことを心から願っている。同時に、私は日本の文化文明、日本人の生き方を決定づける価値観は、必ず、二十一世紀の国際社会のより良い在り方に貢献できるものと、信じている。

国家基本問題研究所理事長 櫻井よしこ

櫻井よしこ・田久保忠衛写真

日本研究賞を創設した意図と将来に向けてのビジョンについて、櫻井理事長と田久保副理事長が対談しました。


櫻井国家基本問題研究所の創設の趣旨はいくつかあったと思います。第一は戦後の日本のあり方を根本的に変えなければならない。そのためには、憲法改正が重要だということでした。もう一つは、それと同時進行で、海外における日本に対する、歪曲された理解、誤解を ... 続きを読む


要綱

一.
国家基本問題研究所は、政治、経済、安全保障、社会、歴史、文化の各分野で、日本に対する理解を増進する、内外の優れた日本関係研究を顕彰し、奨励する。
一. 
原則として個人に対し、日本研究賞1点、1万ドルを受賞者に贈る。奨励賞は5千ドルとする。特別賞を出す場合もある。
一. 
対象となるのは、近年刊行、発表された日本語か英語による作品で、日本に帰化した一世を含む外国人研究者とする。
一. 
候補作品は、毎年末までに推薦委員その他識者に広く推薦を依頼、その結果を基に選考委員会が翌年春までに選考する。
一. 
授賞式及びレセプションは、通常、毎年7月に行う。

第五回「国基研 日本研究賞」

 

受賞作品

日本研究賞ロバート・モートン 中央大学教授
  • 「A.B. Mitford and the Birth of Japan As a Modern State: Letters Home」(Renaissance Books,2017)
    (ミットフォードと日本における近代国家の誕生、邦訳なし)
日本研究特別賞 崔吉城 東亜大学教授、広島大学名誉教授
  • 「朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』」(ハート出版、2017)

選考の経緯

第五回「国基研 日本研究賞」
ロバート・モートン 中央大学教授
「A.B. Mitford and the Birth of Japan As a Modern State: Letters Home」(Renaissance Books,2017)
(ミットフォードと日本における近代国家の誕生、邦訳なし)

 英国貴族出身のミットフォード(一八三七 - 一九一六)は、一八六六年に北京から江戸に転任、パークスの次の地位を占めた外交官で、言葉をよくした。通訳生として来日したサトウの六歳年上で、この三人とあと一人医師のウィリスが明治維新前後の在日英国外交公館を構成していた。その中心人物の中でパークスとサトウは日本でもよく知られている。ミットフォードについては『日記』や『一英国外交官が見た明治維新』は長岡祥三氏の手で近年講談社学術文庫に訳されたが、しかしモートン教授の今度の評伝は、ミットフォードが父親に宛てた手紙に依拠し、その記述の表も裏もよく調べ、その上で見事な英文に綴られた読みごたえのある歴史研究であり文章作品である。
 ミットフォードが三年半の日本勤務の後、帰国して一八七一年に出したTales of Old Japan は四十七士の話を世界に知らせた。晩年はLord Redesdale, Memoriesの著者として名を遺した。若き日のミットフォードが来日当初、日本から受けた印象と晩年のこの『回顧録』はいろいろな点で嫌日・親日の記述が極端に違っており、ミットフォードの日本に対する愛憎関係の揺れが本書では如実に浮かび上がる。ひょっとしてモートン教授にもその種の感情の揺れがあったのではないか、と思われるほど共感的理解が行きとどいている。 幕末期の横浜、品川、東禅寺や泉岳寺での辛い生活、様々な日本体験の中での滝善三郎の切腹を目撃したことが一つの転換点となる。その記述に接すると森鷗外の『堺事件』を思い起こさずにはいられない。モートン教授の伝記は網羅的で、ミットフォードの最晩年、いやその子孫までをもたどっている。その評伝を読むことで、私どもは同時代の英国の上流社会やその外交についても実に多くの興味深いことを教えられる。西洋至上主義的ないしはキリスト教至上主義的な視点から脱却した指摘が鋭い。
 敗戦後の日本ではE.H. Norman, Japan's Emergence as a Modern State が岩波系学者の間でもてはやされたが、A.B. Mitford and the Birth of Japan as a Modern State という受賞作の題名そのものがノーマンの著作に対する皮肉のように感じられた。それというのもこのミットフォードという日本人とよくつきあったイギリスの貴族外交官が見た幕末維新こそ日本の近代国家としての誕生を如実に描いている、という生きた印象を与えるからである。そして過去の事実がモートン教授によって歴史的パースペクティヴの中でまた見直されているからである。その知的ソフィティケーションが、講座派の羽仁五郎の説を踏襲したノーマンを教祖に祀り上げたダワー一派の北米反ベトナム世代の単純な明治維新観と違って面白い。個人を通して見た英日関係を鮮やかに描いたこの立派な人文主義的アプローチの史伝に賞を出すことは、昨年のDreyer教授に対する受賞と同じく、日本研究賞の信用を高め、国基研に対する無用の誤解をも解き、在日の外国人教授や日本研究者に対しても好ましい影響を及ぼすのではあるまいか。

講評 選考委員 平川祐弘 国基研理事 東京大学名誉教授



第五回「国基研 日本研究特別賞」
崔吉城 東亜大学教授、広島大学名誉教授
「朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』」
(ハート出版、2017)

 第二次大戦中の日本軍の慰安婦とは何かについて、慰安婦が性奴隷であるのか、公娼類似の存在なのか政治的論争が続いているが、論争よりも慰安婦の実情を知ることがもっと重要である。性奴隷を主張する者は、実態を無視して元慰安婦の手記などもいくつか発表されている。平成12年(2000年)ころ、韓国の私設博物館が古書店を通じて、ビルマ(現ミャンマー)やシンガポールで、慰安所の帳場人をしていた人の膨大な日記を購入した。平成25年(2013年)8月、この日記を、安秉直(アンビョンジク)ソウル大学名誉教授が韓国語に翻訳して出版し、同じ年、その韓国語訳文からの日本語訳がネット上に掲載された(http://texas-daddy.com/comortwomendiary.pdf)。
 日記は、ハングルと漢字のほかに、日本語の片仮名や平仮名が入り混じって書かれており、韓国語訳本とは多少内容が異なるとのことである。本書は、著者が、原文を読み解き、文化人類学者としてさらに日記の著者の勤務先、即ちミャンマーやシンガポールの現場を訪ねて、日記を分析したものである。著者には、朝鮮戦争関連で、戦争と性に関するいくつかの論文があり、本書はそれらの研究と対をなすものであるという。
 極めて客観的公平な分析である。「韓国は慰安婦問題を政治的なカードにすべきではない」というのが結論である。
かつて林房雄が日本の戦争を100年戦争と呼ぶべき長い軋轢の中でとらえたのと同じ、フェアで奥深い歴史観がストークス氏の作品を支えている。そのような歴史観に基づいたストークス氏の考察に、深く注目するものである。

講評 選考委員 髙池勝彦 国基研副理事長 弁護士

 

選考委員

委員長櫻井よしこ 国家基本問題研究所理事長
副委員長田久保忠衛 同副理事長・杏林大学名誉教授
伊藤隆 東京大学名誉教授
平川祐弘 東京大学名誉教授
渡辺利夫 拓殖大学学事顧問
髙池勝彦 国基研副理事長・弁護士
 

推薦委員

推薦委員 ジョージ・アキタ 米ハワイ大学名誉教授
ジェームズ・アワー 米ヴァンダービルト大学名誉教授
ブラーマ・チェラニー インド政策研究センター教授
ケビン・ドーク 米ジョージタウン大学教授・第一回「寺田真理記念 日本研究賞」受賞
ワシーリー・モロジャコフ 拓殖大学日本文化研究所教授・第一回「寺田真理記念 日本研究奨励賞」受賞
ブランドン・パーマー 米コースタル・カロライナ大学准教授・第一回「寺田真理記念 日本研究奨励賞」受賞
許世楷 津田塾大学名誉教授
アーサー・ウォルドロン 米ペンシルベニア大学教授
エドワード・マークス 愛媛大学准教授・第二回「寺田真理記念 日本研究賞」受賞
デイヴィッド・ハンロン 米ハワイ大学マノア校教授・第二回「寺田真理記念 日本研究奨励賞」受賞
楊海英 静岡大学教授・第三回「国基研 日本研究賞」受賞
陳柔縉 コラムニスト・元聯合報(日刊紙)政治部記者・第三回「国基研 日本研究奨励賞」受賞
ロバート・D・エルドリッヂ 元在沖縄米軍海兵隊政務外交部次長・第三回「国基研 日本研究奨励賞」受賞
ジューン・トーフル・ドレイヤー 米マイアミ大学教授・第四回「国基研 日本研究賞」受賞
ヘンリー・スコット・ストークス 元米ニューヨークタイムズ紙東京支局長・第四回「国基研 日本研究特別賞」受賞

(順不同)