公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

最近の活動

  • HOME
  • 最近の活動
  • 月例研究会 「ついに原発の技術を失う日本―「日立問題」に学ぶ」詳報
2019.04.05 (金) 印刷する

月例研究会 「ついに原発の技術を失う日本―「日立問題」に学ぶ」詳報

月例研究会/2019年2月28日/東京・内幸町 イイノホール


東電福島第一原発の事故以来、核をめぐる時計は止まったままだ。
原発の再稼動はむずかしい状態にあり、高速炉「もんじゅ」は廃炉となった。
だからといって、闇雲に原発を稼動させよと国基研は主張しているわけではない。
このままでは、世界に誇る原子力技術も技術者も消えてしまうといっているのだ。
今回の研究会で、萩生田自民党幹事長代行は、「福島の事故を忘れてはいけないが、怯えて立ち止まるのもいけない」と発言したが、この言葉を噛み締めてみる必要がありそうだ。

 

(登壇者略歴)
萩生田光一
 昭和38(1963)年生まれ。明治大学商学部卒業。大学在学中より議員秘書として政治の世界に入る。平成3年、27才最年少で八王子市議会議員に初当選。その後、東京都議会議員を経て、平成15年、衆議院議員に初当選。自民党青年局長、文部科学部会科学技術選任部会長、党副幹事長を経て、平成20年文部科学大臣政務官就任。その後も自民党筆頭副幹事長、総裁特別補佐、選対事務局長、党筆頭副幹事長を歴任。国会にあっては予算委員会理事、文部科学委員会理事、第三次安倍内閣にて内閣官房副長官を務める。平成29年8月に自由民主党幹事長代行に就任し、同年10月の衆議院選挙で5期目の当選を果たす。現在、党幹事長代行。

奈良林直
 昭和27(1952)年東京都生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学修士課程修了。東芝に入社し、原子力技術研究所主査、電力・産業システム技術開発センター主幹など歴任。北海道大学大学院工学研究科助教授、同大学院工学研究院教授を経て、同大学名誉教授。現在、東京工業大学特任教授。工学博士。
 内閣府原子力安全委員会専門委員、原子力安全保安院安全性総合評価意見聴取会委員、原子力規制委員会福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討チームなど歴任。現在および次世代の原子力発電所の安全技術に関する第一人者。

桂川正巳
 昭和16年生まれ。東京大学工学部原子力工学科卒業。
 動力炉・核燃焼開発事業団(動燃)に入社。東海事業所プルトニウム燃料開発室に勤務。その後、ワシントン事務所長、国際部長を歴任、現在、東京東信用金庫中小企業応援センターコーディネーターを務める。
 そして「産官学金連携プロジェクト」として深海無人探査機を開発する「江戸っ子1号」プロジェクトにかかわる。同探査機は2013年、日本海溝(水深7800m)の潜行実験に成功するなどの成果を残し、内閣府第12回産学官連携功労者表彰内閣総理大臣賞を受賞した。

櫻井よしこ
 ハワイ大学卒業(アジア史専攻)。クリスチャン・サイエンス・モニター紙東京支局員、日本テレビのニュースキャスターなどを経て、フリージャーナリスト。平成19年に国家基本問題研究所を設立し、理事長に就任。大宅壮一ノンフィクション賞、菊池寛賞、フジサンケイグループの正論大賞を受賞。「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(通称、民間憲法臨調)の代表を務めている。著書は『問答無用』『韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのか』『朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す』『チベット 自由への闘い』『頼るな、備えよ――論戦2017』『一刀両断』『日本の未来』『日本の勝機―米中間の変化に果敢に向き合え』など多数。

 

全文はこちらから(PDF)

2019.02.28