公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

国基研 講演会

2013.12.03 (火) 印刷する

第6回「会員の集い」詳報

 

国基研会員の集い/2013年11月4日/ホテルニューオータニ 鶴の間

 

(登壇者略歴)
櫻井よしこ
ハワイ大学卒業(アジア史専攻)。クリスチャン・サイエンス・モニター紙東京支局員、日本テレビのニュースキャスターなどを経て、フリージャーナリスト。平成19年に国家基本問題研究所を設立し、理事長に就任。大宅壮一ノンフィクション賞、菊池寛賞、フジサンケイグループの正論大賞を受賞。『異形の大国中国』『宰相の資格』など著書多数。「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(通称、民間憲法臨調)の代表を務めている。

田久保忠衛
昭和8(1933)年生まれ。早稲田大学法学部卒。時事通信社でワシントン支局長、外信部長、編集局次長などを歴任。杏林大学社会科学部教授(国際関係論、国際政治学)、社会科学部長、大学院国際協力研究科長などを経て、現在名誉教授。法学博士。国家基本問題研究所副理事長。正論大賞、文藝春秋読者賞を受賞。著書は『戦略家ニクソン』ほか。産経新聞新憲法起草委員会委員長を務めている。  

谷内正太郎
昭和19(1944)年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。外務省に入省後、内閣官房副長官補、外務事務次官などを経て退官。現在、内閣官房参与、早稲田大学日米研究機構日米研究所教授、慶応義塾大学客員教授等を務める。編著書に、「変容するアジアと日米関係」所収-「アジアの安全保障と日米同盟の将来:解説」ほか。

佐藤正久
昭和35(1960)年生まれ。防衛大学校卒。初代国連PKOゴラン高原派遣輸送隊隊長、イラク先遣隊長、初代復興業務支援隊隊長などを務め、平成19年参議院議員に初当選。現在当選2回。防衛大臣政務官を経て、現在、参議院外交防衛委員会理事、自由民主党国防部会長代理。著書に『守るべき人がいる』ほか。

渡辺周
昭和36(1961)年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。読売新聞記者、静岡県会議員を経て、平成8年衆議院議員に初当選。現在当選6回。総務副大臣、防衛副大臣を歴任。現在、衆議院議院運営委員会理事、民主党国会対策委員会副委員長。

 

国を守る、国民の命を守る。
国家にとって国民にとっては、最も重要な課題です。
にもかかわらず、防衛問題を議論するとき、
まるでクレーマーのような反応をする人たちがいます。
なぜでしょうか。
第6回目となった「国基研会員の集い」は、1,000名を超える
参加者を前に、国家安全保障会議の初代局長と目される
谷内氏と防衛問題に腐心する佐藤・渡辺両議員を迎え、
憲法を含む国のあり方を考えた。
世界一民主的で、国民の誰もが平和を願うこの国の
いっそうの発展を求めて。

全文はこちらから

13.11.4