公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

最近の活動

2011.05.27 (金) 印刷する

服部禎男元電力中央研究所名誉特別顧問と意見交換

平成23年5月27日(金)研究所会議室にて、服部禎男元電力中央研究所名誉特別顧問と「低線量放射線の健康効果」について意見交換を行いました。服部氏は「国際放射線防護委員会(ICRP)の放射能安全基準はDNAの修復機能を無視している」と批判し、「がんはDNAの異常から発生するが、放射線量率が毎時10 ミリシーベルト(mSv)以下ならDNAは完全修復し、毎時100 mSv(あるいは毎時1000 mSv)以下ではがんにならないという学者の研究発表がある」と説明しました。さらに、「DNAの修復機能があるので、放射線量を積算して安全基準を設けるのは無意味」と強調しました。