公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

最近の活動

2016.01.12 (火) 印刷する

日印関係の基礎に交流の歴史あり 冨山企画委員

 国基研の冨山泰企画委員は1月5日、ニューデリーで開かれたシンポジウムで、「日印パートナー関係の基礎に人的交流の歴史あり」と題して講演した。同委員はこの中で、日本とインドのパートナー関係が昨年12月の首脳会談で新段階に入ったことを指摘するとともに、親密な両国関係の基礎には日本とインドが互いの文化と伝統を尊重し、自立自存のため助け合ってきた歴史があると説明した。その上で、①インド独立に果たした日本の役割②戦後日本に対するインドの温情③明治期の日本に感銘を受けたインド宗教指導者―についてエピソードを紹介した。(講演草稿の日本語訳はこちら。英語原文はこちら。)
 今回のシンポジウムは、2014年に下村博文文科相(当時)の訪印で合意した近現代の日印関係に関する共同研究の開始を記念して5、6の両日開かれたもので、日本学術振興会とインド歴史研究協議会が共催した。シンポジウムでは、米ハーバード大学のスガタ・ボース教授が基調講演を行い、父方の祖父の弟に当たるインド独立闘争の指導者チャンドラ・ボースと戦時中の日本の関係などについて語った。

0012
シンポジウムで講演する冨山企画委員(中央)

0029
スガタ・ボース教授(左)と冨山企画委員