公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

最近の活動

2020.11.04 (水) 印刷する

『国基研紀要』発行のお知らせ

国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)は、『国基研紀要』創刊号を発行しました。

国基研は創設から13年、一貫して日本国の在り方を問い続けてきました。そしてこのたび、研究機関として更なる発展を期して企画した研究誌である『国基研紀要』を刊行する運びとなりました。

謹んでお知らせするとともに、末永くご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

書籍販売ページはこちら|WEBでの閲覧はこちら


 

国基研紀要 目次
発刊に寄せて

令和時代の課題と展望

櫻井 よしこ|国家基本問題研究所理事長

巻頭論文

米主導の自由主義世界秩序の行方 ― R・ハース氏の近著を中心として

田久保 忠衛|国家基本問題研究所副理事長

特集 中国覇権主義の挑戦

中国の国家戦略とグローバル世界における位置

China’s National Strategy and Its Place in a Globalized World

ジューン・T・ドレイヤー June Teufel Dreyer|米マイアミ大学教授

 

習近平政権の〈来し方〉と〈行く末〉― 悠久の歴史を背景に考える

北村 稔|国家基本問題研究所理事

 

米中覇権争いの政治経済学 ― 華夷秩序の拡大を狙う中国

湯浅 博|国家基本問題研究所主任研究員

 

少数民族政策にみる中国の本質 ― チベット・新疆ウイグル自治区における「中国化」の意味

平野 聡|東京大学教授

論文

インド太平洋は自由で開かれた地域になるか

Will the Indo-Pacific become “free and open”?

ブラーマ・チェラニー Brahma Chellaney|インド政策研究センター教授

 

「アメリカ第一」はどこから来てどこへ行くのか

冨山 泰|国基研企画委員兼研究員、元時事通信外信部長

 

アメリカの同盟政策と在韓米軍撤退

石川 幸一|アジア研究所特別研究員

 

世界経済の政治的トリレンマ

島田 洋一|福井県立大学教授

 

グローバリズムの正体 ― エマニュエル・トッドの所見 ―

堀 茂樹|慶應義塾大学名誉教授

Book Review

李栄薫 著 『反日種族主義 日韓危機の根源』(文藝春秋)を読む

六人の初老の男はなぜ韓国を批判したのか

鄭 大均|東京都立大学名誉教授

 

反日史観と闘う韓国知性たちの挑戦

久保田 るり子|産経新聞編集委員、國學院大學客員教授

 

日韓で異なる副題と「種族主義」という用語について

西岡 力|国基研企画委員兼研究員、麗澤大学客員教授

Topics

次期戦闘機開発は国益を考えて

黒澤 聖二|国家基本問題研究所事務局長兼研究員

書籍販売ページはこちら|WEBでの閲覧はこちら