公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

国基研ろんだん

2014.12.17 (水) 印刷する

実名を上げない政治情報コラムの問題 島田洋一(福井県立大学)

 下は、zakzak(夕刊フジ・ネット版)の記事だが、ここまで書く以上、実名を上げ、当該政治家にも反論の機会(ないし反論の必要に気付く機会)を与えるべきだろう。
 読者にとっても隔靴掻痒の感があり、まったく無関係な政治家が、意識の上であらぬ「嫌疑」の対象となり、巻き添え被害(collateral damage)が生じる可能性もある。情報提供として不誠実と言わざるを得ない。
 ちなみに、ネット情報によると、ここでいう「ある政党の候補者」とは次世代の党の中田宏前議員らしい。そしてネット情報だから、どこまで当てになるか分からない。
 本記事の表題をもじって言えば、「実名を隠して実名を出さない政治話を書くコラムニストなんて」となろうか。筆者も匿名、文中の人物も匿名といった文の横行が政治文化の向上に資するとは思えない。ともあれ、中田氏の反論を聞きたいところだ。

(以下、記事の引用)
Zakzak 2014.12.17
連載:永田町美人秘書 ココだけの話
所属政党名を隠して選挙を戦う幹部なんて
 衆院選最中の話だが、自宅最寄りの駅に着くと、ある政党の候補者が演説していた。ところが、政党の旗を立てていない。スタッフが配布するビラにも、政党のロゴマークのようなものは見当たらない。よく探すと小さく、「比例は○○党へ」と言い訳程度に書いてあったけど。
 そういえば新聞の折り込みに入っていた選挙公報にも、この候補は政党名を記載していなかった。これは一体どういうことか。
 ビラを配っていたスタッフに聞くと、「人物本位で闘っていますので」とのことだが、この候補はちゃっかりと比例区にも名前を連ねている。もし、小選挙区で落選して比例で復活したら、同じブロックで戦った他の候補にどう言い訳するつもりだったのか。そもそもこの候補、○○党の幹部なんだけど…。
 幹部でありながら所属政党名を隠して選挙を戦うなんて、よほど自分の政党が恥ずかしかったのか。
 こういう人を二度と選んではいけません。
(記事の引用終わり)