公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

国基研 講演会

  • HOME
  • 国基研 講演会

 国家基本問題研究所は平成22年7月10日、緊急研究会「菅直人氏の『思想』」を東京・永田町の星陵会館で開きました。菅直人首相の政治思想や国家観を分析したこの研究会は、参院選挙投票前日の土曜日に急きょ設定されたにもかかわらず、会場に312人(会員241人、一般54人、役員ほか17人)が集まり、関心の高さを浮き彫りにしました。研究会では櫻井よしこ理事長が問題提起をし、田久保忠衛副理事長が基調報告を行っ...

続きを読む

 日米安保シンポジウム報告  「米中基軸」論の台頭で日本の影薄まる 主任研究員 冨山 泰                                                                   国家基本問題研究所は平成22年6月4日、初の国際シンポジウム「インド洋の覇権争い―21世紀の大戦略と日米同盟」(産経新聞社後援)を東京新宿区の早稲田大学国際会議場・井深大(まさる...

続きを読む

 平成22年7月10日(土)星陵会館にて、「菅直人氏の『思想』」と題し月例研究会を開催しました。  詳報は後日掲載致します。     ...

続きを読む

  国家基本問題研究所は平成22年6月4日、東京新宿区の早稲田大学国際会議場・井深大記念ホールで、日米安保条約改定50周年シンポジウム「インド洋の覇権争い―21世紀の大戦略と日米同盟」(産経新聞社後援)を開催しました。第一部では、長島昭久防衛大臣政務官、インドのブラフマ・チェラニー政策研究センター教授、中国の楊明傑現代国際関係研究院副院長、米国のマイケル・ピルズベリー国防総省顧問の4人が基調講演を...

続きを読む

 国家基本問題研究所は5月28日、東京・星陵会館で月例研究会「日本再生の道を探る―保守は危機を克服できるか」を開催しました。研究会には、自民党を中心とする保守派議員グループ「創生『日本』」会長の安倍晋三元首相、新党「たちあがれ日本」代表の平沼赳夫元経済産業相、新党「日本創新党」党首の山田宏杉並区長(当時)がパネリストとして参加し、安全保障、教育、経済の3分野について基本理念を明らかにするとともに、...

続きを読む

平成22年6月4日(金)早稲田大学・国際会議場(井深大記念ホール)にて「インド洋の覇権争いー21世紀の大戦略と日米同盟」と題し 日米安保改定50周年討論会を開催しました。 詳報は後日掲載致します。                          長島昭久        防衛大臣政務官                    ブラフマ・チェラニ...

続きを読む

 平成22年5月28日(金)星陵会館にて、「日本再生の道を探るー保守は危機を克服できるか」と題し月例研究会を開催しました。  詳報は後日掲載致します。             ...

続きを読む

 国家基本問題研究所は平成22年4月6日、東京・永田町の星陵会館で月例研究会「インド洋の覇権争い」を開きました。櫻井よしこ理事長の問題提起を受けて、田久保忠衛副理事長が基調報告を行い、古庄幸一元海上幕僚長がコメンテーターを務めました。研究会には319人(会員248、一般59、役員8、取材4)が参加し、会場から活発な質問の手が挙がりました。      櫻井 鳩山政権は異常な政権で...

続きを読む

 平成22年4月6日(火)星陵会館にて、「インド洋の覇権争い」と題し月例研究会を開催しました。  詳報は後日掲載致します。                              質問に耳を傾ける講演者                              会場風景...

続きを読む
2010.03.09 (火)

「会員の集い」詳報

 国家基本問題研究所は平成22年2月25日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで第2回の「会員の集い」を開きました。第1部のシンポジウム「民主党政権半年の総括と日本の未来」には会員と一般参加者の合計874人が集まり、パネリストの櫻井よしこ理事長、田久保忠衛副理事長と、潮匡人、遠藤浩一、大岩雄次郎、西岡力各企画委員の発言に耳を傾けました。第2部の懇親会には530人が参加し、国基研役員、会員、一般参...

続きを読む