公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/

最近の活動

平成21年7月10日、世界ウイグル会議日本代表イリハム・マハムティ氏から ウイグル情勢について話を聞きました。     前列中央がイリハム氏    イリハム・マハムティ氏が国基研企画委員会で語ったウイグル事件の真相は次の通り。    きっかけは、7月5日夜、新疆ウイグル自治区ウルムチの人民広場に1300人の学生が中国の国旗を振りながら集まり、6月26日に...

続きを読む

平成21年6月24日(水)に行われた「訪米報告会~中国の台頭と日米同盟~」が、 産経新聞(6月25日付)に掲載されました。   ...

続きを読む

...

続きを読む

 平成21年5月18日 衆議院第二議員会館にて、「北朝鮮の瀬戸際外交~日本の圧力外交は正しかった~」と題して、 西岡力東京基督教大学教授・島田洋一福井県立大学教授・軍事評論家佐藤守元空将が報告をおこない、司会は理事長櫻井よしこが務めました。  皆様是非ご覧下さい。 ...

続きを読む

平成21年6月5日(金)に発表した 「北朝鮮への新国連制裁決議に関する緊急声明 わが国は新安保理決議に対応した国内法制の整備を急げ」について、 産経新聞(6月6日付)が記事を掲載しました。     産経新聞(6月6日付)...

続きを読む

平成21年5月29日(金)に発表した 「全面制裁で北朝鮮の核開発を阻止せよ——いまこそ集団的自衛権と非核三原則の見直しを——」について、産経新聞(5月30日付)・読売新聞(5月30日付朝刊)が記事を掲載しました。     産経新聞(5月30日付)     読売新聞(5月30日付朝刊) ...

続きを読む

 平成21年4月12日から18日、理事長櫻井よしこを団長とする4人の代表団をワシントンに派遣し、滞在中、有力シンクタンクのハドソン研究所主催のシンポジウムで理事長が、中国の台頭と日米同盟の将来に関して国基研の基本的考え方を明らかにしました。 皆様ご覧ください。   なお恐れ入りますが、講演はすべて英語です。 邦訳は、会報「国基研だより」春季号に掲載しております。 ...

続きを読む

このたび、国基研だより 2009年春季号 と 共にお送りしました、講演会会費(平成21年6月24日)用の郵便振替用紙の『口座記号』が間違っておりました。大変申し訳ございません。正しくは下記になります。 郵便局窓口にて、振替用紙の口座記号を訂正していただきますようお願い申し上げます。                           ‐‐‐ 記 ‐‐‐             ...

続きを読む
2009.04.20 (月)

国基研代表団が訪米

国基研代表団が訪米     国基研は平成21年4月12~18日、櫻井よしこ理事長を団長とする4人の代表団をワシントンに派遣しました。滞在中、有力シンクタンクのハドソン研究所主催のシンポジウムで櫻井理事長が講演し、中国の台頭と日米同盟の将来に関して国基研の基本的考え方を明らかにしました。講演内容(邦訳)は別掲の通りです。  また、一行は米政府内外のアジア専門家約20人と会見し、中国問題の...

続きを読む

平成21年3月10日(火)星稜会館において古庄幸一元海上幕僚長が「海自はソマリア沖で何ができるか」と題して講演を行い、その後、中谷元自民党衆院議員・長島昭久民主党衆院議員を交えシンポジウムを行いました。   皆様ご覧ください。     こちらからご覧いただけます。 ...

続きを読む